腰痛の間違った対策

腰痛というのは本当にやっかいなもの。一度痛くなり始めると、完全に直るということがほとんどありません。僕の場合は最初になった時、間違った対策をしたので、悪化して大変でした。

 

具体的に言いますと、しょっちゅうストレッチをやりました。しかも「いててて」と悲鳴を上げたくなるぐらい、力を入れてやってました。その結果腰痛は悪化しました。自分では何が悪いのか分からないもんだから、ストレッチが足りないと思い、さらにストレッチを強化する始末……。つらい日々でした。

 

半年ほどたった頃にネットなどで知識を得て、強すぎるストレッチは逆効果だと知り、ようやくやめました。それ以来ゆるいストレッチをやり続け、一応痛さは軽減しているようです。

 

ところで、眼精疲労が腰痛の原因になっていることもよくあるケースです。眼精疲労に効くブルーベリーサプリメントについて、ご参照下さい。

 

ワンポイント腰痛対策

年を取るとどうしても出てくる悩み、腰痛。腰痛を抑えるのに効果的と言われるのが腹筋を鍛えることです。一度腰痛で病院に行かれた方なら経験があるかもしれませんが、腰に巻く腰痛ベルトなるものを出されます。これをまくと腰の負担が減り楽になれます。そして腹筋とはいわゆる天然の腰痛ベルトなのです。

 

しかし鍛えるにあたり、問題が一つあります。腹筋運動は腰にくる事があります。それは仰向けから起き上がる時の動作に負荷がかかりすぎるからです。実はこの腹筋運動、体をくの字にくねる必要はないのです。うつ伏せになり足を壁につけちょっとだけ浮かせましょう。その状態で少し体を浮かせてみてください。イメージは上体を足の方に移動させる感じです。

 

これはとても腹筋にエネルギーが必要になります。なおかつ腰に対する負担が非常に減ります。ぜひこの運動で腰をいたわりながら腹筋を鍛えてみてください。

腰痛の間違った対策/やるなら今! 健康食品でメタボに倍返しだ!関連ページ

健康的な睡眠

このページの先頭へ戻る